As I like.
最近の記事
カテゴリー
リンク
           休日の愉楽


ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック
<< アギーレ監督 郷に入れば郷に従えを実践中 | HOME | 25%の確立を信じるか? >>

スポンサーサイト

2017.07.20 Thursday [ - ]
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

ドラマよりも

2014.10.12 Sunday [ 雑記 ]
 

NHKの朝の連続テレビ小説。前回の『花子とアン』は、
始まる前から大いに期待をし、その期待を上回る素晴らしい出来で、途中飽きてしまうなんてこともなく、全話観て、
大いに楽しんだのだが、
今放送している『マッサン』は、2話の途中まで観て早くも飽きてしまった。

ニッカの創業者の話だと聞き、こちらも相当期待をして見始めたのだが、
『ごちそうさん』の嫁いびりテイストを踏襲するような臭いがプンプンしてきて、なんだかがっかり。

ドラマを半年間観るよりも、原作読んで済ませようと、

川又 一英 著『ヒゲのウヰスキー誕生す』をほぼ一気読み。

非常に面白かった。
やはりこういうストーリー、創業者の成功までの紆余曲折・苦労体験、且つ夫妻の物語をドラマ化するならば、
2011年NHKの土曜ドラマスペシャル全3回で放送した
松下幸之助夫婦を描いた「神様の女房」や、

読売テレビ開局55年記念ドラマとして5月に放送された
鈴木商店を描いた「お家さん」のように
長くとも3話ぐらいで済ますのがベストだと思う。

そうでないと、ドラマに何を求めるか、観る人によって求めるもの&楽しむ点が異なるため一概には言えないが、朝ドラの長さを埋めるために脚本に書き加えられる創作部分が幅を利かせ、大切な部分(というか、私が観たい部分)がぼやかされてしまいそうな気がする。

ただ、ニッカ及びアサヒにとっては、単発ドラマよりも話題性があり、影響力もある「朝ドラ」で取り上げてもらえたことで、ニンマリしていることだろう。

現に、ウイスキーに興味のなかった私が、
ニッカのモルトウィスキーを買ってみようかという気になっている。



雑記 | comments(0) | - | 

スポンサーサイト

2017.07.20 Thursday [ - ]
 

- | - | - | 









<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>