As I like.
最近の記事
カテゴリー
リンク
           休日の愉楽


ブログ内検索
最近のコメント
最近のトラックバック

スポンサーサイト

2016.10.02 Sunday [ - ]
 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | - | 

musicoを試す

2008.03.22 Saturday [ 出来事 ]
 
JUGEMテーマ:音楽

最近、CDを購入する機会が、めっきり減ってしまいました。
皆さんそうでしょうが、CD単位ではなく、音楽ダウンロードという形で、曲単位で買う機会が増えたから。

ほとんどがiTunesからのダウンロード。それは、海外アーチストの曲が多く登録されているから。あと、クラシック音楽も満足いく量ですね。国内アーチストの曲はほとんどダウンロードしないんですよ。

で、他のダウンロードサイトにはほとんど興味がなかったのですが、最近テレビをつける度にCMが流れているのがmusico

これだけ頻繁にCMを目にすると、気になってしょうがない。
そこで、PCでサイトを確認してみたんですよ。

そしたら、メール登録するだけで1曲無料プレゼントと書いてあるじゃないですか。面白そうなので、登録して、1曲ダウンロードしてみました。


どの曲にしようか悩んだ挙句、手堅くクラシック音楽を。それも、聞くと元気が出そうな
ヘンデルの「シバの女王の入城」。

ちなみに、気に入っていて最近良く聴いている曲は
 ・こちらnext春に聴く曲 

出来事 | comments(0) | - | 

遅すぎた!

2008.03.02 Sunday [ 出来事 ]
 
JUGEMテーマ:スポーツ

こんな時間(夜10時ちょっと前)になって、そういえば今日は新聞を読んでいなかったと朝刊を読み始め、テレビ欄の今日の見所を見た私。
「あ〜、見逃した!」
と、ほぞをかんだ番組がありました。TBS系夕方6時半から放送された「夢の扉」。一度も見たことがないのですが、フィギュアスケートのコーチ、ニコライ・モロゾフさんを密着した放送内容だったようです。高橋大輔選手、安藤美姫選手のコーチとして知られていますよね。さらに、トリノ五輪で荒川静香選手が金メダルを獲った時、コーチをされていました。なかなかのイケメンなので、フィギュアスケートの選手権の放送で彼の姿が映る度に、「キャー、また映った!」って喜んでいます。ですから、キス&クライ(演技を終えた選手が、採点を待つ場所)では、選手本人の表情よりもむしろコーチの一挙手一投足のほうが気になってしまいます。

そのニコライ・モロゾフ氏を取り上げた番組を見逃してしまったとは!

残念至極でありまする。
・関連記事next世界フィギュアスケート選手権大会2008 <1>

[追記]他の方のブログをいくつか読んで、放送内容がおぼろげながら見えてきました。
そして、類似番組があるらしい情報もゲットしました。
3月7日(金)午前0:55〜1:25 TBSの「バース・デイ」にて、モロゾフコーチを密着取材したものが放送されるようです。

出来事 | comments(0) | - | 

思い込みのなせるわざ

2008.01.17 Thursday [ 出来事 ]
 
JUGEMテーマ:日記・一般

今日は、自分のバカさかげんに呆れてしまいました。思い込みの激しさが、その原因です。

オルハン・パムク著「わたしの名は紅」のイタリア語版「Il mio nome è rosso」を日本で購入できないものかと、いろいろ検索している中で、あるサイトを開いてみました。
 ・こちらnextiBS.it利用ガイド
こちらは、イタリアのネットショップIBSの利用方法を日本語で解説したものです。IBSのHPで送料を確認してみたところ、かなりお高いので、利用しないなと結論付けたのですが、それより何より、気になる文章が。

イタリアのDVDは日本でも見れますか?
DVDを見れるパソコンがあれば、見れます。


えっそうなの?初めて知りました。

というのも、マイパソコンを買ってわりとすぐだったと思いますが、イタリアの友人が、「好きな映画だから見てみて!」と、DVDにコピーして送ってくれました。
イタリアでは、映像録画方式がPALで、日本のNTSCとは異なるため、日本のDVDプレーヤーで再生させることはできません。ダメもとでやってみましたが、やはり予想していた通り×。パソコンでも同様にダメなんだろうなぁ。でも、念のために再生させてみようかな?と一瞬思ったけれど、パソコンが壊れてしまったら怖いなと、結局試さなかったのです。どうせ再生できないんだPALだから、と。それで、友人へのお礼の手紙に「せっかく送ってくれたけど、ダメだった」と書きました。

昨年のクリスマスのプレゼントに、今度は、フランスの友人が、音楽DVDを送ってくれました。バカな私は「え〜、また?!日本はNTSCだから見れないんだってば!」と、見れないDVDを送ってきた友人の、気持ちは嬉しいけど、友人の無知さをちょっとバカにするような気持ちでいました。バカなのは自分なのにねぇ。

DVDが普及する前、ビデオテープに収録したものをイタリアから送ってきてくれた別の友人がいたのですが、その時には、専門に方式変換をしてくれるお店を探し、NTSCへの変換を頼んだことがありました。費用は分数と本数によって変わってくるのですが、安いところで、2時間で4,000円くらい。友人にもらったDVDも方式変換をお願いしようか迷ったものの、DVDだともっと費用かかかりそう…。と、そのままに。

一度でも、パソコンにDVDを入れてみれば、再生できることがすぐにわかったのに、DVDプレーヤーでダメなんだから、パソコンもダメなんだと、思い込んでしまった愚かな私。そのせいで、友人達の好意を無にしていたかと思うと、申し訳ない気持ちで一杯になりました。一人にはメールで、一人には絵葉書で、そのことを謝りました。

出来事 | comments(4) | - | 

実は…

2007.12.23 Sunday [ 出来事 ]
 
JUGEMテーマ:日記・一般

メインブログの記事思いがけないプレゼント〜その1の中で、DVDレコーダーが壊れた話を書きましたが、
実は、DVD機を3年前に購入した店と、今日出かけた店とは、
イコールで結べないんです。3年前の店はつぶれてしまったのです。
今回こういうことになり、では家から一番近い店舗はどこなのかネットで調べたところ、わりと近くにあり助かりました。
その家電量販店S。3年前には各所にあった店舗が減りに減り、遂には、Sという名前から傘下に入っていたヤマダ電機の名前が入った「ヤマダ電機テックランド」になってしまいました。5年保障が白紙にされてしまうのでは?という不安もありましたが、大丈夫でした。やれやれ。

それにしても、家電量販店 戦国時代、全く手を緩めないヤマダ電機。次のターゲットはベスト電器のようですね。

出来事 | comments(2) | - | 

羞恥心

2007.09.30 Sunday [ 出来事 ]
 
今ではすっかり、ごく普通の事として日々目にする「電車の中で、化粧する女性」。これを初めて目撃した時、私はその姿に釘付けとなり、こう思った。

こんな公衆の面前で、平気で化粧をするなんて、きっとこの女性は精神に異常をきたしているに違いない。そうでなければ、想像できないほど劣悪な家庭環境のもとで育ったのだろう。

当時、本当にそう思ったのだ。それが、何年もたった今日、一車両に何人も、化粧をする女性がいる様だ。化粧を家でする時間がなかったから、化粧を車内でする。合理的ではないか。そう言われたら、返す言葉は無いけれど、恥ずかしさを彼女達は感じないのかと、不思議に思う。

今日、病院の待合室で、珍しいご婦人を目撃した。年は50歳以上、かなりおしゃれな格好をしていた。椅子に腰掛ける前に、自分のスカートの、糸のほつれに気がついたようだ。始め、その糸を切ろうと、そのままひっぱっていたが、思うようにいかないようで、そのうち、スカートのすそを大胆にめくりあげて、糸をひっぱりだした。スカートには裏地がついていたけれど、こんなにめくっちゃって!というほどの大胆さ。しかも目の前に、男性患者が数人座っていた。彼女が座ろうとしていた椅子は、後ろが壁になっていたから、後ろを向いてやれば、ほとんど人に見られずに済むのに、わざわざ人に見える側でやっているのだ。
悪戦苦闘。なかなか糸が切れないでいる。遂には椅子に座って、例によってスカートのすそを思いっきりめくりあげて切ろうとしている。それをずっと見ている私も私だが、彼女の斜め前に座っているので、その成り行きがきになってしまう。

最後には、やっと切れたようだ。そして何事もなかったように、平然としている。
彼女にとって、「恥ずかしいこと」とは、どういうことなのだろう?

出来事 | comments(8) | - | 
<< | 2 / 7 PAGES | >>
| HOME |
<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>